« 穏やかな日常 | トップページ | 第八回琴模様【ピアノ発表会】 »

大宰府天満宮七夕祭〜

先日大宰府天満宮の七夕祭で演奏してきた。

天満宮の神様に奉納演奏という体験は初めてだった。

能舞台のように舞台が本殿まえに組まれて心身ともに水で清められ、
神様に向かって演奏する。
改めて日常ではあまり触れない日本の歴史や文化に囲まれ演奏できた事に感謝の気持ちと謙虚さが生まれた。

今週19日からは七年ぶりに『をぐり考』中西敬三さんの一人芝居の
音楽を演奏させていただく。彼を取材するNHKのテレビの収録らしい。
登場人物の照るて姫という絶世の美女と恋に落ちる、愛の物語で、照るて姫が出てくる場面はほとんど琴の演奏が入ってくる効果音的な役割と優美な演出ができるように今から楽しみである。
アドルフで作曲していいと言われて、ますますイマジネーションが膨らむ。
七年前は、劇場の花道の寸法を見ながらアドルフを作れ等の指示に怯えながら、作ったのを思い出す。

子供を産み、育て様々な経験を重ねると
ずいぶん私も図太くなったなと自分の変化に気づかされる。

26日には県立劇場で、ライブも予定されている。
お仕事を頂ける事に感謝し様々なシーンで少しでも成長を感じる事ができるステージにしたい。

頑張ったら夏休みは子供たちと思いっきり遊ぶぞ!!

|

« 穏やかな日常 | トップページ | 第八回琴模様【ピアノ発表会】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1112422/52431092

この記事へのトラックバック一覧です: 大宰府天満宮七夕祭〜:

« 穏やかな日常 | トップページ | 第八回琴模様【ピアノ発表会】 »