« 2013年9月 | トップページ | 2014年4月 »

2013年12月

石垣島ディナーショー無事に終わりました。

石垣島ディナーショー無事に終わりました。
石垣島ディナーショー無事に終わりました。

ホテル宮平の石垣島ディナーショーが23に無事に終わりました。社長ご夫妻はじめ、スタッフ一同の方々の協力のもとステージ設営からアイディアを聞いてくださり、素敵なショーができました。

ホテルのひるぎでの食事が、とても美味しかったです。
ソーキそばも最高!
石垣島は肌寒く、驚きましたが、
空港も新しくなり綺麗でした。
今度は夏にプライベートで家族で行きたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月年の瀬になりますね。

過日、6日に市の文化事業、アーチスト派遣で詫間原小学校にスクールコンサートに行ってきた。
子供たちと盛り上がり、清々しいコンサートになった。

初試みとして、作曲家の岩下周二さんに編曲して頂いた(五木の子守り唄)二十五絃箏とソプラノ歌手用を初演。本来の正調から現在のメロディーに流れてゆき、なかなか邦楽の間や音色が生かせる作品に仕上がっている。スクールコンサートが初演になり、23日によばれている、石垣島のホテル宮平クリスマスディナーショーでも披露する予定だ。

それからお知らせ、夏に収録したNHKBSプレミアムの放送が決まった。
12月15日日曜日、12時半から14時20分まで、
一人芝居の中西和久さんのドキメンタリー番組で(をぐり考)の芝居に音楽隊として二十五絃で参加した。
かつて東京の音楽集団の先生方や大先輩と四人で収録した。
熊本にいながら、先生に声をかけて頂き、アンサンブルに参加できるのは、刺激でもあり、本当に貴重で感謝している。とても楽しかった。
どれくらい映るかわこらないが、東京にいる両親には親孝行になったかと嬉しく思う。
花道を照るて姫が、ものに狂うてみようぞ!と笹を持ち進みあるく所は、芝居の流れに合わせアドリブを作っている。
二十代の頃ツアーに参加した時は本当にガチガチ緊張しながら自分らしさなど全く出すことができず、ストレスと恐怖しか
なかったのを思い返す。
今は、子供を産んで図太くなったのか演奏の場に感謝しながら、役割を把握し精一杯演奏表現し、
終えることができた。
ありがたいことだ。

小さな夢も抱きながら、やれることを少しずつ努力しながら、家族を慈しむように音楽を奏でてゆけたらと思う。

最近の少しずつ努力を紹介すると、お肌のため、1ヶ月毎朝、健康野菜ジュースをミキサーで作っている。
最初はいやいや飲んでいた、家族も習慣になり、果物を入れたり工夫して、飲みやすいスムージーを作っている。
後は、昨日から腹筋を開始!
ディナーショーにむけて、体型もなんとかしなくては、
年末は東京だから、頑張るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2014年4月 »